• 工事開始前に万全な計画を用意しておきたい
  • 施工の進捗状況を迅速かつ正確に知りたい
  • 建機やダンプの割り当てを適切に行いたい
  • 離れた場所からでも現場の状況を把握したい
  • 低コストで現場全体のデジタル化を推進したい

00

|

00

工事開始前に万全な計画を用意しておきたい
工事開始前に万全な計画を用意しておきたい
工事開始前に綿密な施工計画を用意するには、完成までの進捗を正確にイメージする必要があります。
ところが従来手法では遠隔で現場の全体像を把握するのが難しく、満足のゆく準備ができないことにストレスを感じています。
施工の進捗状況を迅速かつ正確に知りたい
施工の進捗状況を迅速かつ正確に知りたい
毎日の進捗状況を把握するためには現場からの情報収集・共有が不可欠です。
しかし非常に手間がかかるうえ、正確さに欠けることがあり、これが悩みのタネになっています。
もっと効率よく、進捗管理をする方法はないでしょうか。
建機やダンプの割り当てを適切に行いたい
建機やダンプの割り当てを適切に行いたい
現場における建機とダンプの数量やサイズ、配置を最適化するのが課題です。
また道路事情によって、搬入土積込場から搬出場までを往復するダンプの走行時間が読めず、予定通りに運土計画が進まないこともあり、困っています。
離れた場所からでも現場の状況を把握したい
離れた場所からでも現場の状況を把握したい
最適な施工計画作成のためには、日々刻々と変わる現場の最新地形や施工量などを正確に把握しておくことが重要です。
いつでもどこでもリアルタイムで現場の状況が確認できれば、余裕をもって臨機応変な対応できるのですが。
低コストで現場全体のデジタル化を推進したい
低コストで現場全体のデジタル化を推進したい
施工を効率化して、工期の短縮や人件費を圧縮したいのですが、ICT建機を新たに導入する予算がありません。
とはいえ、現場のデジタル化は急務であり、手持ちの建機を活用しながらICT施工に対応する方法はないでしょうか。