Smart Construction Retrofit

デバイス
建機操縦サポート

建設現場のDXを推進する後付けキット

現場のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するためには、建設機械すべてをデジタル対応化し、現場全体で3D施工を実現することが不可欠です。本キットは、メーカーを問わず既存の油圧ショベルに後付けすることで、3D-マシンガイダンス機能(※1)や、バケットの積載重量を表示するベイロードメーター(※2)、3D施工履歴データ取得機能(※3)をプラスする各種センサーやGNSSアンテナなどの主要機器をセットにしたもの。従来品と比べ、安価、かつGNSS補正情報など、必要な機能が揃っているため、装着してすぐにICT施工が可能になります。3D-マシンガイダンス機能により丁張りが不要となり、工期短縮および人件費などの経費圧縮が図れるほか、国土交通省が推進する「i-construction」のICT活用工事においてICT建機として利用できます。
※1)3D-マシンガイダンス機能
マルチGNSSにより機械の位置情報を取得し、施工箇所のデータとバケット刃位置との差分を運転席のタブレット端末へ提供します。
※2)ベイドロメーター(オプション)
油圧ショベルのバケットで積み込む土の重量を計測できる機能です。※アプリ「Smart Construction Fleet」との連携が必要となります。
※3)3D施工履歴データ取得機能
ICT施工による現場での施工履歴を取得します。