Smart Construction Drone

デバイス
3D測量

少人数・短時間で高精度な測量を実現

従来の測量手法は、人が現場内を歩きながら計測したため、時間も手間もかかりました。ドローンの空中写真測量では、少人数・短時間での計測が可能になり、これまで見えなかった断面間の細かな形状も高精度で計測できるようになります。Smart Constructionでは、測量した現況地形を3次元データ化や、日々の施工量の把握など、現場のデジタルツインをつくるために専用ドローンを最初に用います。GCP(グランドコントロールポイント)の設置も不要で、事前に登録しておいたルートでの自動運転が可能なので、フライトも極めて簡単です。